チョコレート効果の強い「ウキキチョコレート」で幸せ気分でウキウキになろう。 | ウキキチョコレート

2018/10/24 18:24

 

 

カカオ濃度の強いチョコレートには幸せな気分にさせる効果があると知られています。

 

 

「そのことは知ってはいるけどチョコレートを食べて幸せな気分になれるってどういうこと」と思う方は多いと思います。

 

「幸せ効果」は簡単に説明すると「人が幸せ」と感じる時に出る成分が「セロトニン」と呼ばれる成分で極めて濃度の高いカカオから作られるチョコレートを食べるとカカオの中に含まれるフェニルエチルアミンが幸せ気分にさせてくれるセロトニンを出してくれます。

 

なので、より濃度の高いカカオは「自然栽培」や「無農薬栽培」などから作られます。ウキキチョコレートのカカオはグアテマラのジャングルの奥深くで農業薬品など使わずに栽培されるカカオから作られるため、より濃度の高いチョコレートを作ることに成功いたしました。

 

ですので、極めて濃度濃く優しい味わいで幸せ効果を試していただくことができるチョコレートです。

 

 

 

 
 

 

 

ウキキチョコレートのおすすめポイントとして食べた時の「口どけなめらかで食べた後もしっかりカカオの味が口の中に残る」ことです。

 

普通の板チョコレートのような形ではなく「大きなチョコレート」を割った形で入っています。なので、形は不揃いではありますが味はしっかりしています。

 

形は不揃いですが、食べた時の味わいはクリーミで優しくカカオの味が口の中にしっかりと残ることはお約束いたします。

 

 

 

 

チョコレートに含まれるフェニルエチルアミンやセロトニンには日頃のストレスを緩和させる効果や、疲れた時に食べると効果的です。

あと、精神的にしんどい思いをした時にもチョコレートによる「幸せ効果」は気分をリラックスさせてくれます。

 

朝起きた時、寝起きの時などに食べると目覚めの効果などが期待できますよ。

 

 

 

「ウキキチョコレート」はグアテマラのジャングル奥深くにあるカカオ農家に行き、直接原材料を買い付けに行っております。

 

栽培方法は「自然栽培」はもちろんのこと、カカオの品種にもこだわり「クリオロ種」と言われるカカオの中でも一番最初の品種です。

 

クリオロ種は世界でもカカオが栽培される中で3%ほどしか育成されていないと言われています、極めて濃度が高く美味しい希少な品種で、最初の種は古来種と言われる作物の中でもエネルギーが詰まった品種です。

 

農家の運営もジャングルに住むマヤ民族の方が働いており農家を運営される方も優しい人です。カカオで問題視されている「お金の払いもなく強制労働させられる」ことはなくフェアトレードであることは、私自身が農家に行き見ておりますのでご安心ください。

 

原材料はオーガニックカカオ豆とオーガニック黒糖のみ使用しています。(グアテマラ産)